借家人賠償保険


火災や爆発事故などを起こしてしまい、家主に対し法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険。修理費用担保特約。火災、落雷、盗難などの偶然の事故により借用住宅が破損または汚損した場合に、貸主との契約に基づいて負担する小修理費用を一定限度で支払う保険

家模型

③個人賠償責任保険。
日本国内において日常生活での偶然の事故(自動車事故を除く)により他人を死傷させたり、他人の物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に一定限度の保険金が支払われる保険〔例〕ベランダに置いてあった植木が落下して通行人に怪我をさせた。自宅の水漏れで他人の戸室の家財を濡らした。

<保険の目的>
基本契約は家財道具の補償です。最も多い事故は、他の部屋からの水漏れ事故のようです。ところで、現在では、家主が、借家人の事故により物件の一部が滅失毀損した場合の補償のために保険を掛けることを希望することが多くなっています。すなわち、②の保険を掛けることを希望しているようです。

<加入義務の有無>
①のみを目的とするのであれば、これは賃借人個人の財産の補償を目的としているものですから、賃貸人との関係で加入義務はありません。
しかし、②の方に主眼がある場合(保険の内容がセットになっており、むしろ家主との関係では借家人賠償責任保険の加入に重点がある場合)、賃貸人との間で加入義務があるでしょうか。この場合でも法律上の加入義務はありません。しかし、契約書中で義務づけをしている場合は、加入義務が発生します。つまり、当該賃貸借契約を締結するということは契約書の中の事項について合意するということですから、保険に加入するという条項についても貸借人の方で合意することになるからです。

最近では、前述のとおり、家主側で借家人賠償保険に加入することを希望することが多くなっておりますので、加入を義務づけている契約書が多くなっているようです。
ちなみに、社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(略称=全宅連)東北地区協議会が監修して作成した「住宅賃貸借契約書」では、「借主の管理義務・費用負担」の項目の中で、「借家人賠償責任保険等に加入しなければならない」と明示してあります。

家模型

加入義務がある場合でも、賃貸人ないし仲介業者が勧める保険に加入する義務はありません。また、住宅総合保険の期間は二年のものが大部分ですから、たとえば一年であなたがアパートを出たときは、保険の期間が一年残っていますので次に借りるアパートで一年間は前の保険の適用を受けられるということになりますから、新しく借りる場合は、二重に保険がかからないように注意した方がよいでしょう。
いずれにせよ、契約書をよく読むことと、保険に加入することを勧められた場合は、保険の内容についてよく確認することが大切です。


奈良県と言えば,古き良き時代を感じさせる,春日大社に興福寺など神社仏閣があり,現在においてもその歴史を感じることができる観光地として,日々多くの観光客で賑わいをみせている街です。歴史を感じさせるものは建物だけではなく,食にもその歴史が残されています。奈良県に足を運んだ際には,是非食して欲しいのが茶がゆです。素朴な味の茶がゆは,暑い夏は冷やして食し,身体の冷える冬は温かいままでとその季節に応じて味わうことができる,郷土食の中の一つです。奈良には他にも柿の葉寿司など,とても美味しい料理が満載です。古き良き時代のゆったりとした時間の中で生活出来たら素敵でしょうね。そんな奈良県で暮らしてみたいと思う方は,ネット検索でアクセスに便利な駅近に新築物件などご希望の賃貸物件を探してみてはいかがでしょうか。きっと良い賃貸物件などがみつかりますよ。

東京都内で引っ越し先を探している方,西新井エリアの賃貸物件がおすすめ!
特に商業施設やスーパーが充実している駅近は1人暮らしの方やファミリーに必見です。気になった方は,是非西新井エリアの賃貸についてお調べになってはどうでしょうか?

中目黒は都心にあります。なので、ワイワイと活気溢れていると、イメージしがちですが、実際には、豊かな自然を感じられることができ、落ち着いた雰囲気の地域なんです。春には、桜が満開に咲く「目黒川」や四季のイベントを楽しめる「林試の森公園」などがあります。2日間かけて、行われる「中目黒夏まつり」があります。プロの阿波おどり、よさこい踊りが見れます!しかも、約2万6千人の観光客が訪れると、大人気のお祭りです。中目黒駅の周辺には、新築の賃貸物件があります。家賃7万円台と安めで、最寄り駅まで徒歩4分と駅近です!人気の地域なので、暮らしてみたいなと、少しでも思った方は、賃貸物件だけでも見に行く価値はあると思います!

コメントは受け付けていません。