未成年者の取消権


<取り消し得ない合(一)-詐術->
民法二〇条は、無能力者が能力者であると信じさせるため詐術を用いたときはその行為を取り消すことができないと定めています。
つまり未成年者の場合は、自分が二〇歳を超えている、あるいは親の同意があると信じさせるような言動をとったために、契約の相手方がそれを信じて契約をした場合には、その契約を取り消すことができないということです。

契約書のイラスト

<取り消し得ない場合(二)ー法定追認->
仮に未成年者が勝手に契約してしまった場合でも、法定代理人、あるいは本人が成人に達した場合に本人が、後からその契約を有効なものとして認めた場合は、取り消しはできなくなります。
これを追認と言います。さらに民法は、追認の意思を表明しなくても法定代理人や成人に達した未成年者本人が、次のような行為をした場合には追認したものとして扱うと定めました。
即ち、①全部または一部の履行、②履行の請求をする、③更改、④担保の供与、⑤取り消すべき行為によって取得した権利の全部または一部の譲渡、⑥強制執行をかけることです。
本間のような賃貸借では、①にあたる行為として、法定代理人が賃料や敷金を支払うことが考えられます。両親が連帯保証人になった場合については後述します。

<取り消し得ない場合(三)-取消権の時効->
取り消すことができるという不確定な状態のままで契約が長期間存続すると相手方の地位が不安定になるので、民法は次の期間の満了によって取消権が消滅すると定めました。各取消権者につき追認できる時から五年と、一律に法律行為の時から二〇年です。もっとも、本間のような場合に問題になりうるのは、追認をすることができる時から五年の方でしょう。


札幌市手稲区は自然が充実している事から小さいお子さんを育てる環境を考えればとても素敵な場所だと思いますよ。お子さんが増えれば遊ぶ場所やショッピングも大変になると思いますが,札幌市手稲区の賃貸物件に住むと、広場やショッピングセンターも多いので子育て生活もラクラク行えますよ。ぜひ賃貸生活を検討してみてください。

滋賀県の県庁所在地として人気になっている大津市は日本最大の琵琶湖に面している都市ですよ。
最近は住宅街にショッピングセンターなどの日常のお買い物がしやすい街として知られていますまた,駅周辺はお店も多く,賃貸を探したいときにおすすめです。
そんな大津市の賃貸は駅近の物件も多いので確認してみてはいかがですか。

学生だけど,どこに住めば良いのかわからない。都内でもゆっくりと過ごせる場所に住みたい。
代々木の賃貸物件を借りて,一人暮らし始めてみませんか?
代々木は専門学校が多いことで,学生の街と人気エリアです。
目立った観光スポットはないが,生活する上で使い勝手の良いお店や本格的料理が味わえるこだわりのお店など,駅周辺にはオススメスポットが多くあります。
スーパーがいくつかあるため,食料品を買うことに困る心配ないですし,大きな商業施設がないので,徒歩で新宿や渋谷まで行けるのも魅力の一つです。
もしも買い足りないと思いましたら,電車で買いに出かけるのも良いでしょう。
この機会に,代々木の賃貸物件を調べてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。